Daigo

Daigo
本拠地: Adachi-ku, Tokyo, Japan
プラットフォーム: PlayStation
お気に入りのゲーム: Street Fighter

当初から圧倒し、偉大な成果を挙げるのが当然と思われる天才がいます。
梅原大吾はまだ10代の頃、ゲームセンターで「ヴァンパイアハンター」をプレーし、287連勝しました。連勝が止まったのはゲームセンターが閉店時間になったためです。

彼は18歳の誕生日を祝う前の1997年に、彼にとって2度目の全国大会であるゲーメスト杯「ヴァンパイアセイヴァー」トーナメントで初の優勝を祝いました。
日本でカプコンの「ストリートファイターZERO3」トーナメントで優勝したのち、グランドチャンピオン大会でアレックス・ヴァイエイと対戦するためにサンフランシスコに空路で赴いた際に、彼は国際舞台での存在感を確立しました。
梅原は2-1で逆転し、優勝しました。


そこから梅原の伝説は増える一方でした。2004年のEvoでは騒々しい群衆の前で、ジャスティン・ウォン(ジェイウォン)との試合に勝つために残った体力がほぼゼロの状態で春麗の鳳翼扇を完全に捌き切り、競争が激しいゲームの歴史における最も象徴的な一瞬としてほぼ間違いなく有名になることで、彼の伝説はクライマックスに達しました。
梅原は2009年と2010年のEvoにおいてストリートファイターIVとスーパーストリートファイターIVで優勝し、伝説をさらに強固にしました。


eスポーツそのものが存在した期間のほぼすべての間、国際eスポーツのトップレベルで梅原は戦ってきました。
20年以上の戦いと多くの優勝経験を経た今でも、彼はストリートファイターの世界で巨人となるためのスキルと競争心を維持しています。
梅原は国際大会のトップランクの常連であり、毎年優勝を重ねています。
彼がプレーのためにコンセントをつなぐ際には、快適で明瞭なHypxerXヘッドセットを装備します。ネットワーク上で梅原と直接対決することがあれば、HyperXギアを装備すべきです。おそらく、彼に挑んでわずかなダメージで済むはずはありません。